2003年01月13日

老後の資金/生活費の問題

昨日、テレビで『発掘あるある大事典』を見ていました。昨日の調査テーマは『老後』だったのですが、きちんとした備えをしておかないとヤバイですね。あるあるでは、老後65歳〜85歳までに必要なお金は1人3,600万円だと言っていました(2人暮らしは6,000万円)。こんなにお金がかかるんですね。あるあるを見てビックリしましたw(゜o゜)wおおっ!!


ファイナンシャルプランナーの勉強をしている中で年金のことを勉強したので、年金制度のことは大体分かっているのですが、今の若者ってどれ位の人が年金について知っているのだろう…フリーターの人達は、ちゃんと自分で老後資金を積み立てしているのでしょうか。

ご存知かもしれませんが、年金は人によって貰える額が違います。簡単な例を挙げると、2パターンに分けられます。
■自営業・専業主婦・フリーター:
国民年金
■サラリーマン(公務員):
国民年金+厚生年金(共済年金)


つまり、簡単に言えば会社勤めをしていている人は、老後に2つの年金を貰えますが、自営業・専業主婦・フリーターなどは国民年金しか貰う事ができないのです!(本当はもっと複雑なのですが、長くなるので省略)

夫がサラリーマンである専業主婦の場合は、もし夫が先になくなった場合に『遺族年金』というものが支給され、遺族年金+国民年金が貰えるのでまぁ安心ですが、
問題は、夫が自営業・無職・フリーターなどの場合です。


きちんとした備えをしていなければ、奥さんの老後はかなりキツクなるでしょうね…。現在、65歳から支給される年金の額は、平均すると、だいたい1年804,000円(月額67,000円)です。国民年金だけではとても足りません。

あるあるに出演していた人が、『やっぱり、愛だけじゃ生きていけないんですね…』と番組終了後に言っていたのですが、まさにその通りですよね(^-^;アハハ...。今のうちから十分な備えをしておきましょう!


人気ブログランキングに参加しております。こちらから金持ち兄さんのブログランキングの順位を確認できます(*^^*)。

金持ち兄さんへの道-内職/株式投資-
金持ち兄さんへの道-内職/株式投資-
ネット内職と株式投資で儲ける!獲得金額は3000万円を突破!




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔