2005年02月01日

一般人が金持ちになる近道

今日は兄さんの会社の”数字を見る日”でした。どういうことかと言うと、先月の売上や経費、そして、一ヶ月の収支を見て内容を検討し、今後の経営に役立てていくために従業員と一緒にミーティングを行う日なのです。

やはり、会社がどういう状態であるのかは、所属する者全員が知っておいた方が良いですからね。それに、3人で会社のお金の流れをみることで、”無駄”だと思える部分に気付く確率が高くなりますし、また、今後の対策の知恵を出し合えるというメリットもありますので、兄さんの会社では毎月の締め日の後に、この前月の反省的なミーティングをやるようにしています。




それで、早速経費に無駄な部分がないのか3人で検討してみたのですが、会社から大きなお金が支出として出ていくのは、社会保険料であったり、人件費であったり、会社の設備であったり…と、なかなか削るのが難しいものがほとんどなんですよね。今挙げた3つの中で言えば、会社の設備くらいしか節約のしようがありません。

現在、兄さんの会社には下記の4台のパソコンがあります。
ソーテック/SOTEC のデスクトップパソコン1台+ノートパソコン1台
イーマシーンズ/e Machines のデスクトップパソコン2台

これ以外に、従業員の椅子や机も購入しているので、会社を設立してから結構な金額の設備投資を行いました。低価格のパソコンや設備を買っても、やはり、会社の設備を揃えるには、ある程度のお金がかかるものですね。自分が経営者になってから初めて、人を雇用することの重みが分かりました。


以前、インターネット上のニュースサイトを見ている時に、”マイクロソフト税”と言う言葉が出てきました。これは何なのかというと、従業員の雇用に伴うマイクロソフトのソフト購入に必要なお金のことです。

例えば、兄さんの会社がホームページ作成ではなく、マイクロソフトのビジネスソフトを必要とするような、普通の会社だったとしますよね。
その際、新しく従業員を雇用するたびに、その人数分だけパソコン+マイクロソフトのOffice Professional Edition 2003 を購入しないと仕事ができない会社だったとしたら、一人の従業員を雇用するごとに軽く10万円を超える経費が必要なわけです。

Office Professional Edition 2003 はご存知のように、”1台のパソコンに1ソフト”という仕組みになっていますから、1つOfficeを購入しただけでは、他のパソコンでは利用できないようになっています。この仕組みを考えたら、どうして”マイクロソフト税”という皮肉った言い方をするのか分かりますよね(笑)。

つまり、”従業員を一人雇うたびに、マイクロソフトに税金を納めている”ような感じになるのです。税金の支払いは国民の義務であり、逃れることができませんよね。この税金と同じように、マイクロソフトのソフトウェア代も”パソコン1台:ソフトウェア1個”という仕組みのため、購入を余儀なくされてしまうのです(;^_^A。おそるべし!マイクロソフト!(笑)


…と話が少しずれましたが、この従業員の雇用に伴う設備”投資”のお金を回収できるのかは、従業員のヤル気や能力はもちろんとして、従業員を教育し導いていく、兄さんの腕にもかかっているのです。

株式投資なら、”優秀な企業を選んでお金を投資して、後は任せる”といった感じですから良いですが、経営者として投資したお金の分を回収すると言うのは、かなり難しそうですよね。お金を投資して、さらに自分も力を発揮していかないとダメなんですから(^^ゞ。

つまり、
投資した分を回収できない時は、投資した本人(経営者)の力不足が原因でもあるのです。株式投資をしていた頃と違って、ホント、凄いプレッシャーです(笑)。

ただし、このプレッシャーがある故に、設備投資を行った本人、つまり、兄さん自身も成長できるという大きなメリットもあります。人を何かを教えるのも上手になるでしょうし、人を動かすことに関しても、少なくとも今よりは上達すると思います。そして、色々な知識も身に付くでしょう。こうやって考えると『頑張ろう!!』って思えてくるんですよね(*^^*)。


前にも書いたことがあると思うのですが、兄さんは、
自分のような一般人がお金持ちになるには、自分のビジネスを持って起業するか、投資をして成功することが一番の近道だと思っています。

確かに、会社員として出世してお金持ちになるという方法もありますが、可能性としてはかなり厳しいですよね。ほとんどの会社で”学閥”という存在を耳にしますし、”コネ”という言葉もよく聞きます。

これはつまり、自分が東大に代表される有名大学を卒業している、もしくは、何らかの強力なコネクションがなければ、サラリーマン高所得者が多く存在するピラミッドの上の方に行くのは相当難しくなってくる”可能性が高い”ということだと思います。

ですから、この理由だけでも”会社員として働くだけでお金持ちになるという道”はかなり狭くなりますよね?こうやって考えたら、やっぱり『”投資”か”起業”かな〜』って思えちゃうんです。


今日の日記を読んで、『自分には関係ないなぁ』と思われる方もいらっしゃると思いますが、もし、アナタがお金持ちを目指しているのであれば、”起業”という道を通る可能性はかなり高いと、兄さんは勝手に思っています。

ですから、もし今後起業するようなことがあれば、また兄さんの日記なり、ブログなりに返ってきて頂けると嬉しいです。”起業”に関しては、まだまだ書きたいことはありますので、これからも少しずつブログや、金持ち兄さんへの道-ネット内職/株式投資-の方に追加できたらな〜と思っています♪


ヤル気アップのために、今日も1クリックをお願い致します→人気ブログランキング

金持ち兄さんへの道-内職/株式投資-
金持ち兄さんへの道-内職/株式投資-
ネット内職と株式投資で儲ける!獲得金額は3000万円を突破!




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by よっちゃん   2005年02月02日 18:24
幸せな小金持ちを目指して、まずブログ立ち上げました
パソコン超初心者の主婦で〜す!
やっぱ お金持ちになるのはには、企業 ですよね
投資も難しそうだけど、成功すれば早くお金持ちに近ずきそうだし・・・とにかくこれからいろんな事にチャレンジしていきたいです。
2. Posted by ひろ   2005年02月02日 23:21
いつもBlog楽しみにしております。29才会社員です。起業に興味があり、2年前から株式投資勉強中の身です。いい投資家はいい経営者になれると勝手におもっています。最初はうまく行かなかったのですが最近バリュエーションを計算しながら利益も出せるようになりました。よければ起業初期に考えた事や始めた事、用意したものまた、何をしたのかを教えて頂ければと思います。これからも頑張って下さい。宜しくお願い致します。
3. Posted by date   2005年02月10日 20:10
会社2つ潰した経験ある者です。
経営&ディレクターを全て兼任するとやはりうまくいきませんよ。
まずは完全に任せられる人を1人雇うべきです。
そこを基点に業務の流れを機能させる。
創業時は経営基盤の確立と事業拡大(新事業)に専念した方がいいです。

今の従業員の方は、経験とスキルに応じた仕事をさせてあげないと、やがて社長か本人どちらかのストレスが増大しますし効率よく売り上げが伸びないと思います。

創業時の会社経営は何かと大変ですね・・・
4. Posted by Online Casinos: Casino Del Rio   2005年02月11日 17:04
great page...im sure i'll come back...best regards

<p><a href="http://www.online-casinos-choice.com/index.php/page-review-casinodelrio.html" title="Online Casinos: Casino Del Rio">Online Casinos: Casino Del Rio</a></p>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔