2003年05月18日

株式投資で儲けるための分析

前回の日記で時間がないという話を書きましたが、今週の土日もまた時間がありませんでした。時間がなかった理由は、兄さんが友達と遊んでいたからです。サイト作成をやるという予定があるのですから、いくら友達に誘われたとしても『NO!』と言わなくてはダメですよね。

あらかじめ予約のない突然の誘いには、『行けない』と断る勇気が必要だと感じました。サイト作成の時間が取れなかったのは、自分のせい以外の何物でもありません。反省していますf(^_^;。


これとは少しジャンルが違うのですが、今日、ネットワークビジネス系のサイトから相互リンクの申込みがあったので、早速、メールで断らさせて頂きました。相互リンクに関しても、これからはきちんと『NO!』と言うようにしようと思います。

それにしても、トップ相互リンクの数がだいぶ増えましたね。来月中にはトップ相互リンクの数が200サイトになるのではないかと思います。ページの重さとの関係もありますので、今までに何度か繰り返し言っているように、
近々、トップ相互リンクを打ち切ろうと思います。本当はたくさんの方とトップ相互リンクしたいと思っているので、とても残念なことです。


こうやって相互リンクの数に限界を作ると、どうしても相互リンクの相手を選んでしまいそうになります。別の言い方をすれば、『相互リンクしても良いか審査する』という感じでしょうか。どんな点をチェックするのかと言うと、兄さんのサイトも最初は小さな小さなサイトでした。ですから、相互リンク先としてOKかどうかを判断する際に、サイトの規模やアクセス数は関係ありません。

兄さんが見るのは、『きちんと更新されているか(更新していく気があるのか)』、『兄さんが設けた相互リンクのお約束に違反していないサイトどうか』という2点です。ですから、普通に運営されているサイトでしたら、喜んで相互リンクさせて頂きますので安心して下さいネ♪


変わって、株のお話です。兄さんが保有している『7202:いすゞ自動車』が株価100円以上を回復していますね。数日前、図書館で日経新聞を読んだ時に、いすゞ自動車の記事が掲載されていました。どうやら、業績が好調で有利子負債(借金)もだいぶ圧縮されているようです。いすゞの体力回復計画、『Vプランアドバンス』は順調に進んでいるようです。

株価は短期的に見れば結構激しく上下します。でも、短期的な株価の上がり下がりは、株式投資をやる上では避けては通れないものです。ですから、
一時的な株価の下げなのか、それとも、企業の構造的な問題で、長期的に下がっていくのかを見極めてから、現在の株価状況の判断をする方が良いと思います。


実際、兄さんが2002/05/16に購入したいすゞ自動車は、2002/05/16〜2003/05/16までの一年間の間に、最安値31円まで下げたこともあったのです。それが今では100円以上を回復し、高値106円をつけています。この間に怖くなり、いすゞ株を売却した人は結構いると思います。

大切なのは、株を購入するまでの自分の分析と、その分析が間違っていないのなら、株を保有し続けるという『忍耐力』だと思います。31円でいすゞ株を買った人は、現在は数倍の含み益(儲け)を得たことになります。

株は短期的な視点からは、本当にどうなるのか分からないものです。保有している株の株価が下がっている方は、損切りするか、それとも株価の回復を信じて保有し続けるか、慎重に判断するようにすることをオススメします。


今日の兄さんの順位はコチラから確認できます→人気ブログランキング

金持ち兄さんへの道-内職/株式投資-
金持ち兄さんへの道-内職/株式投資-
ネット内職と株式投資で儲ける!獲得金額は3000万円を突破!




rich_navi at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)株式投資 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔