2004年06月13日

小さな子供に教えられたこと

今日の朝、兄さんが起きるとアパートの周りから小さな子供の声がしました。『ふぁ〜子供は元気で良いなぁ』と思って、眠かったのでもう一度寝ようとしたら、子供の声が聞こえる方向が兄さんの車がとめてある駐車場の方に変わりました。



『まさか…』と兄さんは感じ、恐る恐る部屋から外へ出てみると…Σ(゚д゚lll)ガーン。
3人の子供(小学校1年生くらいかな?)が兄さんの車のトランクの上で遊んでいました!丁寧に靴を脱いで裸足で車の上で遊んでいる…なんてことはあるはずもなく、皆さんは3人とも靴を履いて車の上に乗っています。
『こりゃ〜たくさんキズが付いてるだろうなぁ(´・ω・`)ショボーン』と思いました(笑)。

それで、『子供に対しては怒らず、親のところに連れて行ってもらおうか…』『でもやっぱり、小さな子供のやったことだから、こんな事で怒るのは大人気ないかなぁ…』『いや、悪いことは悪いことだからガツンと言うべきだ!』などと色々と考えた挙句(笑)、結局、車に乗っていた子供に『車の上で遊ばないようにしてね』と言うだけにしておきました。


兄さん自身が小さかった頃のことを思い出して見ると、人の車の上に乗ってはいけないということは、まだちゃんと教えてもらっていなかったような気がするんですよね(もしかすると、兄さんの実家がある場所が”軽トラックがたくさん走っている田舎だったから”だけなのかもしれませんが(^^ゞ)。

実際、現在小さな子供がいる方に考えてみて欲しいのですが、『人の車の上に乗ってはいけないよ』っていうことを教えている人って多いと思いますか?まだ子供を育てた事がないので断言はできませんが、兄さんは実際はあんまり気付かないことだと思うのです。

自分の中では常識になっていることだから、『子供もそれが分かってて当然だ』と考えちゃうんじゃないかなって思います。ですから、今日の朝、兄さんは、車の上で遊んでいた親のところに連れて行ってもらったり、子供にキツク言うべきじゃないと判断し、子供達に優しく言うことを選択したのです。


でも、後になって考えてみると、これは良い選択じゃなかったんじゃないかな〜と思いました。なぜそう思ったのかというと、もし、兄さんが優しく言ったことによって、今日の子供達が『人の車に乗ることがいけないことだ』ということをあまり実感できなかったとすると、今後また誰かの車で同じように遊ぶ可能性があるわけです。

例えば、今日の子供達が遊んでいた車が、兄さんのものではなく、恐いお兄さんの高級車(ベンツセルシオ)だったとします。そうしたら、この子供達自身もひどく怒られて嫌な思いをするだろうし、それに、この子達の親も困っちゃうと思うんですよね。

これらの車の価格ですが、ベンツであれば
数百万〜1000万以上の価格ですし、セルシオにしても、諸費用などを含めると軽く600万円を超えますから、どこかを壊したりキズを付けたりした場合には、相当な修理代を請求されることが予想されます。しかも、修理代を請求してきたのは恐いお兄さんです。親も子供も恐い想いをするでしょうし、予想してない数万円〜数十万円の出費も本当に困りますよね。


こうやって後々のことを考えると、やはり、子供たちの親のところに行って、親の方から注意をしてもらった方が良かったように感じました。今日の子供達は、兄さんの車の上で遊んでいたことは親に話さないでしょう。つまり、この子達の親は今日のことは何も知らないで過ごすわけです。

でも、もし兄さんが子供たちの親のところに行って、『自分の車の上で遊んでいたので、注意だけはしておいてもらえますか』と伝えていれば、子供達や親は兄さんに対して嫌なイメージを抱くかもしれませんが、親は子供にきちんと『人の車の上に乗ってはいけないよ』という事を教えると思うのです。

そうすれば、今後、この子供達が人の車の上で遊んだりする事はないでしょうから、さっき兄さんが例に挙げたような”恐いお兄さんが…”というような事が起こる可能性は極端に減りますよね。これらのことを考えて、兄さんは長期的な視点で考えたら、『子供に優しく言うだけで済ますべきじゃなかった』と思いました。

子供に限らず、誰かに注意をしたり、叱ったりということには、言う方にもパワーが要りますし嫌な想いもします。それに、嫌われるんじゃないかっていう不安もあります。でも、
相手のことを真剣に考えるのであれば、例え自分が嫌な想いをしようとも、言うべき事は言った方が良いですよね。


予想していた通り、車へのキズはたくさんついていましたが(;^_^A、なんだか今日は、兄さんの車の上で遊んでいた子供達に勉強をさせてもらったような気がしました。

もし、小さなお子さんがいる方で、『人の車の上に乗ってはいけない』という事について子供に教育したことがなかった方がいたら、一度確認の意味で話してみると良いかもしれませんね(*^^*)。子供を育てた経験がある方でしたら、分かっていて当然なことなのかもしれませんが、
例え自分の中では常識になっていることでも、子供の中ではそうではないことってたくさんあると思います。



追記:結局、日記を書き終わったところで、また子供が兄さんの車の上で遊んでいたので、親のところに行ってきました。やはり、優しく言うだけではダメだったみたいですね。新車で買ったばかりの車というわけでもないですし、車のキズはどうでも良いんですが、上で書いたように長期的なことを考えると、親にはきちんと伝えておいた方が良いと思いました。

子供の親はしっかりとしたお父さんという感じで、年齢は40歳前半くらいの方でしたが、兄さんが『小さな子供のやったことなので言うかどうか迷ったのですが、僕の車は良いんですが他の人の車に乗った時がいけないと思って、一応伝えておこうと思いました』と伝えたところ、『そうですよね。ありがとうございます。ご迷惑をお掛けしてすみません』と分かって頂けたようでした。

親に伝えたことによって、この子供達には嫌な想いをさせて悪かったとは思いますが、この子達が今後誰かの車の上に乗って遊ぶことはないと思います。相手の親がどういう人なのかが分からないので、兄さんは、自分が子供達を怒るわけにもいかず親に伝えることにしましたが、他人の子供への教育って本当に難しいと思いましたf(^_^;。

今日の兄さんの順位はコチラから確認できます→人気ブログランキング

金持ち兄さんへの道-内職/株式投資-
金持ち兄さんへの道-内職/株式投資-
ネット内職と株式投資で儲ける!獲得金額は3000万円を突破!




rich_navi at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔